ご予約
アルシオン通信
HOME > アルシオン通信TOP
2019年10月13日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年91本目】映画「半世界」観ました。

解説・あらすじ:
『十三人の刺客』などの稲垣吾郎が主演を務めるヒューマンドラマ。
炭焼き職人として生きる男が旧友との再会をきっかけに自身を見つめ直す。
メガホンを取るのは阪本順治。
長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦のほか、小野武彦、石橋蓮司らが共演する。

とある地方都市。
山中にある炭焼き窯で、炭焼き職人として備長炭を製炭する39歳の紘(稲垣吾郎)は、
帰郷してきた中学時代からの友人である元自衛官の瑛介(長谷川博己)と再会する。
彼の一言を契機に、紘は父親から何となく継いで炭焼きの仕事をこなし、
仕事を理由にして家庭のことを妻・初乃(池脇千鶴)に任せていたことに気付く。
さらに別の同級生・光彦(渋川清彦)からは、息子の明に対して無関心だと言われてしまう。
紘は仕事や家族に向き合おうと決意する一方、瑛介の苦悩を知ることとなる。

感想:
稲垣吾郎、恐るべし、、。
「十三人の刺客」のときの凄みも素晴らしいと思いましたが、この「半世界」での豊かな演技には絶句しました。
お話は「喪失感」や「父性」「家族観」が骨格で、そこに代えがたい友情が絡む、骨太構造。
事業承継の心情描写が今の僕にはきつい。どうしても父親のことを思い出してしまいました。

これからどれだけ新しい風景を見つけることができるだろうか。

これからどれだけ懐かし風景を見つめることができるだろうか。

「半世界」の意味も二重三重に心に深く響きました。

我が「半世界」の振り返りになる一本だったようにおもいます。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です!
これは観るべき映画です!
惜しむらくは稲垣吾郎はかっこよすぎて、ボロい服でもかっこよい。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年10月09日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年90本目」映画「斬、」観ました。

解説・あらすじ:
『野火』などの塚本晋也監督が時代劇に初挑戦し、池松壮亮と蒼井優と組んだドラマ。
鎖国が長く続いた江戸時代末期を舞台に、開国か否かの選択を迫られ翻弄される人々を映す。
塚本は監督、脚本、撮影、編集、製作に加え出演もこなし、『野火』にも出演した中村達也らが共演している。

江戸時代末期の日本は、開国か否かで大きく揺れていた。
困窮の末に藩を後にし、農村の手伝いをする浪人の杢之進(池松壮亮)は、
近所に住む姉弟のゆう(蒼井優)と市助(前田隆成)と共に時代の変化を感じながらも静かに過ごしていた。
そこへすご腕の剣士・澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の剣の腕を見込んで動乱の京都に彼を誘おうとする。

感想:
これは時代劇の形を借りた「哲学」のお話。
剣はあくまでも生死を分ける線分的な役割、メタファーで、
どう生きて、どう死ぬのか、また人の生死とはその内容なのか結果なのかを、静かに、強く問う、
塚本監督の意欲作だったと感じました。
もちろん池松さんの静謐で繊細、蒼井さんの色気、俳優・塚本晋也の狂気と、演技にも見どころ満載。
濃密な時間を過ごせたました!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年10月08日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年89本目】映画「美人が婚活してみたら」観ました。

解説・あらすじ:
婚活女性の本音を描いたとあるアラ子によるコミックを実写映画化。
不毛な恋愛に疲れて婚活を始めた女性が、理想と現実の間で揺れ動く。
恋愛運のないヒロインを黒川芽以が演じるほか、臼田あさ美、中村倫也、田中圭らが共演。
『勝手にふるえてろ』などの大九明子が監督、お笑いコンビ・シソンヌのじろうが脚本を務めた。

美しく仕事もできるが、既婚者ばかりと恋愛してきたWEBデザイナーのタカコ(黒川芽以)は、32歳にして本気で婚活をしようと決意する。
彼女は自分を変え、やすらかな人生を手にするため、親友のケイコ(臼田あさ美)に勧められた婚活サイトに登録。
そしてタカコの前に園木(中村倫也)と矢田部(田中圭)が現れる。

感想:
キャストの新鮮さ、旬加減に惹かれて鑑賞しました。
尺もあんまり長くなくて、ワリと観やすい設計、なのですが、、。
ストーリーも登場人物もどこかで観たことあるような?ステレオ感アリアリで、
お話もそんなに煮詰まらず。
それだったらもっとポップに、疾走してほしかったかなと思います。
原作のコミックもあるようなので読んでみようかな、とは思いました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.4です。それでも僕は黒川芽以さんが出ているとだいたい満足なのですよ。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年10月07日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年88本目】映画「神弓-KAMIYUMI-」観ました。

解説・あらすじ:
1600年代、丙子の乱の朝鮮半島を舞台に、朝鮮の弓士と清の精鋭部隊とのし烈な戦いを描き、2011年の韓国興行収入ナンバーワンを記録したアクション。
清の精鋭部隊にたった一人の家族である妹を捕らえられたことから、障害物を避けながら的を射る「曲射」を操る主人公が、
破壊力抜群の清の弓の名手とのバトルを繰り広げる。
監督は、『極楽島殺人事件』のキム・ハンミン。
主人公を、『殺人の追憶』などに出演するパク・ヘイルが演じる。
CGなどを排して作り上げた豪快でスリリングなアクション・シーンは圧巻。

西暦1636年。清国が朝鮮半島に侵攻し、丙子の乱が勃発する。
すご腕の弓士、ナミ(パク・ヘイル)は父の死後、妹ジャイン(ムン・チェウォン)と身をひそめるように暮らしてきた。
そんな妹の結婚式当日、新郎新婦が清の精鋭部隊に捕らえられる。
ナミは父の残した神弓を手に清の10万の大軍に突撃。
そして、次々と敵を倒すナミに対して、清の弓のスペシャリストである猛将軍ジュシンタ(リュ・スンリョン)が立ちふさがる。

感想:
丙子の乱は「王の立場」から見た映画「天命の城」を先に見ていましたので、基礎知識はありました。
今回はより民の目線、よりパーソナルな戦争との関わりを描いた作品。
「天命」が大義を問うのにたいし「神弓」はより間近な、「人の生死」の重みを問うお話。
とにかくアクションが素晴らしい出来栄え!
触れ込みの「10万の清軍?」は最後まで現れず、壮大なシーンの連続というわけではありませんが、
その分接近戦、森の中での死闘、何より工夫をこらした多彩な弓アクションには目を見張りました。
森の中でのシーンは「アボカリスト」にも負けないカメラワーク、匹敵だと思いました!。
死闘の末に残るもの、戦争の結果には荒涼たるものがあり、これは過去の話ではなく現代との相似も感じる力作だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です!これは楽しい、面白かったです!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年10月02日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年87本目】映画「バーニング 劇場版」観ました。

解説・あらすじ:
『ポエトリー アグネスの詩(うた)』などのイ・チャンドン監督が、村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を大胆に翻案したミステリー。
小説家志望の主人公の周囲で起こる不可解な出来事を、現代社会に生きる若者の無力さや怒りを織り交ぜながら描く。
主演は『ベテラン』などのユ・アイン。
ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」などのスティーヴン・ユァン、オーディションで選ばれたチョン・ジョンソらが共演する。

小説家を目指しながらアルバイトで生計を立てているジョンス(ユ・アイン)は、
幼なじみのヘミ(チョン・ジョンソ)からアフリカ旅行へ行くのでペットの猫を預かってほしいと頼まれる。
帰国したヘミに旅先で出会ったベン(スティーヴン・ユァン)を紹介されたジョンスはある日、
ベンに秘密を打ち明けられ、恐ろしい予感が頭から離れなくなる。

感想:
「シークレット・サンシャイン」でおなじみイ・チャンドン監督の新作、
パルムドールを「万引き家族」と競い合った、
ベースは村上春樹、
そりゃあもう必見の本作。
絶望的な格差社会、日常と非日常の曖昧な線引、
そこに溢れ出る三人の不穏で鬱屈した感情をあぶり出す。
まさに引きずり込まれるようなストーリーテリングはさすが!
また、マジックアワーの長回し、燃え落ちる納屋など、映像の美しさも圧巻、、。
単純に青春映画の枠組みでは捉えきれない、迷宮をさまようような不思議な体験でした。

【評価点・つけるとしたら】

☆4.2です!面白かった!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年10月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年86本目】映画「チワワちゃん」観ました。

解説・あらすじ:
「ヘルタースケルター」「リバーズ・エッジ」などで知られる漫画家・岡崎京子のコミックが原作の青春ドラマ。
遺体で発見された女性の遊び仲間たちが、今まで知らなかった彼女の素性に迫る。
メガホンを取るのは『MATSUMOTO TRIBE』などの二宮健。
門脇麦、成田凌をはじめ、玉城ティナ、村上虹郎、栗山千明、浅野忠信らが出演している。

東京の街でつるんでは、青春を満喫していたある若者グループのマスコット的存在だったチワワ(吉田志織)が、
東京湾でバラバラ遺体となって発見される。
元恋人のヨシダ(成田凌)、親友だったユミ(玉城ティナ)、
チワワが好きだったナガイ(村上虹郎)ら残された仲間でチワワのことを語り合うが、
誰も彼女の本名や素性を知らないことに気づく。

感想:
映像が派手でおしゃれ、音楽もなかなか、の青春群像劇。
ただ、登場人物の誰もが金銭や肉体関係に短絡的すぎて、
互いの信頼関係も薄っぺらすぎ、
その割に儚さとか焦りとか夢とかがテーマで、何ともチグハグな感じ。
喫煙演出も(否定はしませんが)ちょっと過剰で、前時代的に感じました。
おっさん的には共感ポイントが少なかった、、、。
出演し散る俳優陣は豪華!なのでちょっと残念でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.1です。2.9かも?

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年09月30日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年85本目】映画「ダーティ・ガイズ」観ました。

解説・あらすじ:
1980年代のフランスのポルノ業界を舞台にした実話ベースのコメディードラマ。
脱税を取り締まるため刑事たちがポルノ業界に潜入する。
メガホンを取るのは『殺し屋』などのセドリック・アンジェ。
アンジェ監督作『次は、心臓を狙う。』にも出演したギヨーム・カネをはじめ、
『セラヴィ!』などのジル・ルルーシュ、『偉大なるマルグリット』などのミシェル・フォーらが出演する。

2人の刑事、真面目なジョルジュと粗野なマルタンは、
脱税摘発のためフランスの風俗街ピガールを拠点とするポルノ業界の潜入捜査を命じられる。
名前を偽って業界のドンであるモーリスをマークするが、自分たちが経営するクラブが何者かに襲撃されてしまう。
窮地に立たされたジョルジュたちは、事もあろうにモーリスに助けられ、
モーリスと一緒にポルノ映画を作ることになる。

感想:

ううううううーん、、、。
確かに題材は魅力的、キレイなお姉さま大出動、そしてバディ・ムービーの形式は踏襲していますが、
どことなく、今ひとつ、迫力不足、深みが足りなく感じました。
いろんな映画を薄ーーーく継ぎ接ぎして延ばしたような感じ、でしょうか。。
折しもNETFLIXで「全裸監督」を観たあとですので、物足りなさだけ残りました。。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.0です。だいぶおまけ、です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年09月02日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年84本目】映画「青の帰り道」観ました。

解説・あらすじ:
学生時代を共にした若者たちの群像劇。夢と現実のはざまで苦悩する7人の人生が交錯し、未来に向かっていくさまを描く。
真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希らが出演。
藤井道人がメガホンを取った。

2008年、東京近郊の町で、共に青春を過ごしてきた7人の若者たちの高校卒業が間近に迫っていた。
歌手になる夢を抱いて上京する者、受験に失敗し浪人する者、突然の妊娠で結婚を決めたカップル。
そんな彼らは、それぞれの思いを胸に新しい生活へと踏み出していく。
3年後、7人の人生は大きく変化していた。

感想:
エンドロール、amazarashiの「たられば」を聴きながら、思わず嗚咽しました。。

高校時代、卒業間際からその後の数年は誰しも大きな変化を感じる季節。

その中での痛み、苦悩、孤独、や共存依存、ある事件をきっかけに沸き起こる自罰他罰の葛藤。
「解らなくなってしまった帰り道」には深く感じ入るところがありました。

若干、「夢」の取り扱い方や、都会への憧憬には共感しきれないところもあり、
また、歌手になりたい少女と少年が作るにはクオリティの高すぎる楽曲(amazarashi提供)などはリアリティに欠けましたが、
少なくとも今年を代表する青くてビターな群像劇だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。 amazarashiファンなので少しおまけ感はあります。

↓これもぜひお聴きください↓

amazarashi「たられば」

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年08月07日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年83本目】映画「ゴッズオウンカントリー」観ました。

解説・あらすじ:
イギリスの牧場で出会った男性同士のラブストーリー。
牧場を管理する青年と季節労働者として雇われた男性が惹かれ合う。
監督を務めたのはフランシス・リー。
ジョシュ・オコナーとアレック・セカレアヌが青年と労働者を演じ、
イアン・ハートが青年の父親役で出演している。

祖母(ジェマ・ジョーンズ)と父親(イアン・ハート)に代わりヨークシャーの牧場を管理しているジョニー(ジョシュ・オコナー)は、
酒とセックスで孤独と仕事の不満を紛らわしていた。
羊の出産シーズンになり、季節労働者のゲオルゲ(アレック・セカレアヌ)がやってくる。
当初彼らは反発し合っていたが、羊に優しく接するゲオルゲにジョニーは初めての感情を抱く。

感想:
とてもとても美しい映画でした。
まず、イギリス、ヨークシャーの何処までも続く静謐な風景。
羊や牛といった人と共に生きる、その尊厳や命の連なり。
そして人と人の間にある純粋さ、、。
喜怒哀楽、その他の感情を濾過して浄化して、
ギリギリまで蒸留する最後の一滴は「愛」なのだと
強く感じるラストシーンには神々しさすら感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。セリフをギリギリまで削いだ脚本にも◎!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年08月06日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年82本目】映画「渇き」観ました。

解説・あらすじ:
人体実験によってバンパイアになった牧師と人妻との禁断の情事を叙情的かつ暴力的に描くスリラー作品。
『オールドボーイ』のパク・チャヌク監督がメガホンを取り、2009年カンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞。
敬虔な神父から一変、血と欲望のとりこになるバンパイアを『シークレット・サンシャイン』の韓国の演技派俳優ソン・ガンホが演じる。
人間の業を鋭くえぐり出しながら、ところどころにユーモアなどを織り交ぜた独特の世界観の作品。

伝染病の人体実験で奇跡的に助かった神父のサンヒョン(ソン・ガンホ)だったが、そのせいでバンパイアとなった運命に苦しんでいた。
そんなある日、サンヒョンは友人ガンウ(シン・ハギュン)に再会し、その妻テジュ(キム・オクビィン)と強く惹かれ合うようになる。
愛欲におぼれる二人は共謀し、ガンウの殺害を企てる。

感想:
どうしたパク・チャヌク!!!
サイコ・スリラー・バンパイア・人妻エロスコメディのバランスが途中からどんどん崩れ、
バンパイアコメディ一色に、、、。
もう少しノワール感も欲しかったし、もっとエロスを際立たせても良かったのではと思います。
間延びして感じてしまい、ちょっと残念、、、。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.4です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

交通案内 Access
詳しい地図はコチラ
交通ぬけ道マップはコチラ

空室検索 Search
条件から選ぶ
宿泊日 
部屋名 
プラン一覧から選ぶ
ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはTEL:0557-51-5600まで

【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 に選ばれました。
全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿]』 全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿』 に選ばれました。
楽天トラベル2011年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2011年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベルスタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 楽天トラベル スタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 に選ばれました。
楽天トラベルお客様の選ぶ『4星以上の人気宿2012』 楽天トラベル2012年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベル2013年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2013年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。